日本のグルメサイトが外国人観光客に対応できていない事情

グローバル化の進展に伴い、日本を訪れる外国人観光客の数は大幅に増加しています。そのため、外国人観光客のニーズに応えるために、日本のグルメサイトの不十分さを理解することがますます重要になってきています。

日本のグルメの現状を俯瞰する

日本は古くから美味しくてユニークな料理で知られています。寿司、焼肉、天ぷらなど、日本にはあらゆる人の味覚を満足させるおいしい料理がたくさんあります。また、日本はその品質に加えて、革新的な料理でもますます有名になってきています。近年では、伝統的な味に現代的な調理法を組み合わせて、ユニークな料理を作ることがますます盛んになっています。

4435003 m

しかし、人気の高まりとは裏腹に、日本におけるグルメの品質には懸念があります。特に東京では、レストラン間の顧客獲得競争が激しくなっています。その結果、一部のレストランでは手抜きをしたり、満足のいかない食材を使ったりしている。そのため、本格的な日本料理を味わいたい人にとっては、残念な結果になりかねません。

日本でグルメを求める外国人旅行者の課題

初めて日本を訪れる外国人観光客にとって、美味しいものを見つけるのは大変なことです。というのも、日本ではほとんどのレストランが看板を掲げず、メニューも配らないからだ。そのため、観光客は口コミやレビュー、ウェブサイトを頼りにすることになります。

しかし、外国人観光客にとっては、口コミやホームページのほとんどが日本語で書かれていることが課題となっています。日本語が話せない、あるいは読めない人にとっては、どこのレストランが良いのかが分かりにくい。さらに、日本語が読める人でも、食材の品質や価格など、良いレストランのニュアンスを読み取ることができないかもしれません。

日本のグルメサイトの品質問題

日本のグルメサイトの現状は、外国人観光客にとっても課題となっています。口コミサイトは充実しているものの、評価や価格といった表面的な情報しか掲載されていないのです。しかし、それだけで満足することはほとんどありません。さらに、正確な説明や写真など、信頼できる情報が不足していることも少なくありません。その結果、観光客は、あることを期待してレストランに行ったのに、別のことを発見してしまうかもしれないのです。

外国人向け日本食グルメサイト改善への提言

幸いなことに、これらの問題点を解決する方法はあります。まず、グルメサイトでは、評価や価格だけでなく、より包括的なレビューを提供する必要があります。詳細な説明や写真、愛用者の声などを掲載するのです。そうすることで、より正確な情報を提供し、外国人観光客がより適切な判断ができるようになります。

第二に、グルメサイトがより国際的であることです。多言語対応や、レビュー・説明文の正確な翻訳などです。そうすることで、日本語を話す人、読む人と同じ質の情報を外国人観光客に提供することができます。

インバウンド需要が高まる今こそ多言語対応のWEBサイトが必要

22390058 m

新型コロナの影響もあり、飲食店の集客状態は2022年12月現在でもコロナ前の状態に戻っていません。

しかし、海外の日本人気は高く、最近では外国人観光客を見かけるようになりました。彼らは日本でどのようにして食事をし、観光しているのでしょうか。日本のグルメサイトは英語が不十分ですし、レビューもあてになりません。多くはフェイスブック、インスタグラム、YoutubeなどのSNSをチェックしています。

日本の飲食店はグルメサイトに依存しすぎて、インバウンド需要の恩恵を逃しています。多言語サイトの構築を不得手な日本ですが、現在ではユールを利用することで容易に制作することが可能です。

 

24200823 m

多言語WEB制作のことなら

Wordpressの多言語プラグイン、Polylangを使って多言語サイトを容易に作成できます。例えば、英語のPCを使うと英語のサイトに、日本語のPCを使うと日本語サイトにアクセスできるようになります。インバウンド需要が高まる今、多言語サイトを構築してみませんか。

ニアメディアでサポートできることでしたら、低料金でお見積もりいたします。

よくある質問 お問い合わせ お見積もり

関連記事

当サイトではCookieを使用します。Cookieの使用に関する詳細は プライバシーポリシーをご覧ください。