日本のグルメサイト。外国人のお客様に対する不十分な体験

日本のグルメサイトの紹介

日本のグルメサイトでは、国内外のお客様に様々な日本食を提供しています。日本にいながらにして、本格的な日本食を楽しみたい方に最適なサイトです。また、クレジットカードやPayPalで簡単に注文でき、自宅の玄関先まで配達してくれるのも魅力です。

24435244 m

しかし、この便利さには障害もあります。日本語を母国語とする人はもちろん、日本語を理解できない人にとっても、ウェブサイトの構成やデザインは必ずしも使いやすいものではありません。英語だけで表現するのが難しい食材の場合、これは問題になります。また、お客様が何を注文しているのかを理解するのに役立つ説明文がないこともしばしばです。

外国人顧客のデジタルエクスペリエンスを理解する

日本食のウェブサイトにおける外国人顧客のデジタル体験は、いくつかの理由で不十分な場合があります。まず、一部のウェブサイトは、単に外国人顧客向けに設計されていないことが挙げられます。つまり、ユーザー・インターフェースや商品説明が、外国人が理解できる適切な言語やフォーマットで表示されていないのです。これは注文を困難にするだけでなく、非常に混乱させる可能性があるため、大きな問題です。

もう一つの問題は、文化的知識の欠如です。多くの日本のウェブサイトは、すべてのお客様が自国の習慣や食材、料理名について深く理解していることを前提にしています。そのため、お客さまはそれぞれの商品について調べなければならず、選択肢を狭めることが非常に難しくなっています。また、料理の写真が掲載されていないサイトもあり、外国人のお客様が注文する料理のイメージをつかむのはほぼ不可能です。

外国人ユーザーのデジタル体験を悪くしているのは?

外国人にとっての日本食サイトのデジタル体験は、様々な要因で不十分な場合があります。ひとつは、日本語を話す人を想定して作られているため、日本語を話さない人がサイトを正しく操作するのが難しいことです。また、商品説明や料理の画像も不十分なことが多く、何を注文すればいいのかがよくわからない。さらに、文化的な知識が前提となっているため、お客様が十分なリサーチをせずに選択肢を絞り込むことが困難になっています。

日本のグルメサイトにおけるデジタルエクスペリエンス向上のための提案

日本のグルメサイトにおける外国人顧客のデジタル体験を改善するためには、いくつかの方策を講じる必要があります。まず第一に、ウェブサイトを外国人ユーザー向けに最適化し、すべての情報を適切な言語とフォーマットで表示することである。さらに、商品説明や料理の画像も改善する必要があります。さらに、文化的な背景や情報を提供することで、お客様が選択肢を絞り込みやすくなります。

日本食の楽しみ方まとめ

結論として、日本食のウェブサイトは、国内外の顧客が自分の都合に合わせて本格的な日本食を楽しむことができる便利な方法です。しかし、外国人のお客様にとっては、デジタル体験が不十分で、何を注文しているのかが分かりにくい場合があります。この問題に対処するために、日本食のウェブサイトは、外国人ユーザー向けにウェブサイトを最適化し、商品説明や画像を改善し、文化的背景を提供するなど、日本語を話さない顧客のユーザー体験を改善するための措置を検討する必要があります。そうすることで、すべてのお客さまに楽しく、有益な体験を提供することができるのです。

24200823 m

多言語WEB制作のことなら

Wordpressの多言語プラグイン、Polylangを使って多言語サイトを容易に作成できます。例えば、英語のPCを使うと英語のサイトに、日本語のPCを使うと日本語サイトにアクセスできるようになります。インバウンド需要が高まる今、多言語サイトを構築してみませんか。

ニアメディアでサポートできることでしたら、低料金でお見積もりいたします。

よくある質問 お問い合わせ お見積もり

関連記事

当サイトではCookieを使用します。Cookieの使用に関する詳細は プライバシーポリシーをご覧ください。