ショッピングサイト重要な2つの要素 クレジットカード決済と配達指定日

信頼できるネットショッピングサイトとは

信頼できるネットショッピングサイトには様々な項目が整っていると言えるでしょう。その一つに挙げられることとして、豊富な決済や支払い方法が導入されている点が挙げられます。インターネット通販が一般的なものとして浸透してきた今、現在では様々な支払い方法が、購入者の年齢、ライフスタイルなどに合わせて登場してきています。支払い方法が増えてきたことによって、ECサイトを運営する人にとっても、どのような支払い方法を導入すれば良いのかを把握することが非常に重要です。支払い方法の有無により購入者がいなくなり、別のところに行ってしまうということも当たり前のように発生すると言えるでしょう。

クレジットカード決済導入で信頼感を得る

クレジットカード決済

そもそもどのような種類の支払い方法があるのかと言うと、大きく分けるとクレジットカード決済、代金引換や銀行振込、後払いやコンビニ払い、そしてキャリア決済とスマホ決済サービスの7種類に分けられます。その中でも現在ネットショップの支払い方法の中で主流の決済方法として知られているものが、クレジットカード決済です。

購入する側は現金を持っていなくても商品の購入を行うことができ、クレジットカードにはポイントが貯まることが大きな魅力と言えます。ネットショップ側においても、決済が素早く行われることから、出荷までのリードタイムを短くできることがメリットです。

クレジットカードを導入しているお店であれば、信頼感が得られるでしょう。とはいえ購入者にとってはカード情報が流出、もしくは読み取られた際のセキュリティ面での問題があるなどの不安がつきまといます。このようなことから、セキュリティ対策にはしっかりと力を入れておく必要があります。企業側は導入に時間がかかったり、クレジットカードの手数料が発生することを覚えておきましょう。

そして近年新しい決済サービスとして注目を集めているものがスマホ決済サービスです。キャリア決済とは異なり、スマホに決済サービスのアプリをダウンロードした上で、そこに自分のクレジットカードなどを紐付けて支払いを行います。近年話題になっているpaypayを始めとし、linepay、applepayなど様々なものが知られています。今後キャッシュレス化をさらに広げることにもなり、主流の支払い方法になることも大いに考えられます。しかしECサイトにおいてはまだまだ使えるお店が限られているため、今後ネットショップ側も導入を進めていくことが大切です。

配達指定日が出来る出来ないは重要な要素

配達指定日

そして信頼できるネットショッピングの特徴として、配達指定日が可能である点が挙げられます。とはいえECサイトを立ち上げる上で、配送の細かい指定はできないことが多いです。デフォルトの機能ではできないことから、プラグインを探したとしても、海外製の配送アプリばかりです。日本の配送に合うものが見つからないのが現状です。配送日時の指定が出来なければ、ユーザーにとっては再配達を行わなければならず、配送に不安があればカート離脱率も上がってしまう可能性も大いに考えられます。そこで近年注目を集めているものが日本のストアに向けた配送日時指定アプリです。アプリをインストールすることで、利用する配送業者を選択することができます。配送業者を選択すると、その配送業者に応じて配送時間帯が表示されることになります。

ここで設定した業者とそれに紐づく配送時間帯が、カートの画面に表示されるようになるという仕組みです。とはいえ即配送希望にされてしまった場合には、手続きの作業が間に合わないケースも出てきます。このようなことにならないためにも最短でいつからなのか、また最大でいつまでの配送希望を受け付けるのかなどの詳細を設定することが大切です。場合によっては年末年始、お盆などの長期休暇の間は発送作業ができないということもありますが、このような場合には長期休暇を設定することも可能です。