ネットショッピングサイト 豊富な商品オプション機能

ネットショッピング便利な機能

便利なネットショッピングサイトを構築するうえで欠かせないものとして、豊富な商品オプション機能が挙げられます。商品オプション機能とはどのようなものなのかと言うと、商品一つに対しカラーやサイズなどのオプションがあることを前提とし、それぞれ別のページを開くのではなく、一つの画面にまとめて表示ができるようにする機能のことを指しています。

カラーなどの絞込検索が可能となり、カラーやサイズを選択した場合には、まとめて複数表示されていて選べる機能の事をバリエーションと呼んでいます。

例えば一つの洋服のサイズを選んだ後に、SやM、Lなどのようにサイズに対してのバリエーションを選ぶことが可能です。ECサイトプラットフォームの基本的な機能のひとつに当たります。

5162919 m

離脱を防ぐ商品オプション機能とは

このような商品オプション機能を活用することには数多くのメリットがありますが、何と言っても商品ページの滞在時間が長くなることです。サイズやカラーなどといったオプションごとにそれぞれの商品ページを設けることは、ユーザビリティが下がって離脱率が低下することにもつながります。

そこで活用したいものが、商品ページの統一ができる商品オプション機能です。標準ページを統一することにより、重複したコンテンツとしての検索エンジンに評価されるリスクを軽減することにもつながり、これはSEOの観点からでも有効となります。

そして二つ目のメリットにコンバージョン率の向上が狙える点です。同じ商品ページに商品オプション機能を設けることにより、商品ページ上での選択肢の幅が広がります。これによりユーザーの商品ページでの滞在時間が長くなることでしょう。利用者は快適に商品を比較したり購入を検討できるようになることから、コンバージョン率の向上が期待できます。またオプションがない商品との差別化に繋がることもメリットと言えます。

 

競合相手に差をつける

他社で販売している競合と商品名や商品写真が同じものだった場合には、商品の購入を検討する新規顧客にとっては、なかなか差別化が図れません。しかし商品オプション機能を使うことにより様々な販売方法が可能となります。

例えば市場では商品のカラーが白しかないけれども、様々なカラーを揃えて販売することができる、特定のサイズデザインがなかった市場にデザインを選ぶことができる、顧客から商品に掲載するテキストを入力したり、画像をアップロードして配置することによりオリジナル商品を注文販売できるなどのことが該当します。

これらはECサイトの販売所法としては非常に有名な差別化を図る方法ですが、どれにも共通して言えることは付加価値がどれだけつけられるのかということです。同じ商品や似ている商品を扱う競合のECサイトとの間では、このような付加価値を考えて販売できるかどうかがカギとなります。

このような商品オプションを設定する方法にはいくつかの方法があります。一つはデフォルト機能を使う方法であり、デフォルト機能でサイズやカラーなどのオプション登録や設定をすることができます。しかし通常のショッピングシステムでは商品に登録できるオプションは最大2つまでとなり、一つの商品に対し作成できるバリエーションの種類は制限があります。これらをしっかりと頭に入れておくようにしましょう。

4313793 s

そしてアプリを使った方法は、さらに細かな設定をする場合にはお勧めと言えるでしょう。商品オプションを四つ以上に増やす機能など、数多くの機能を実装する際には役立てることができるでしょう。様々なアプリが存在していますが、その中でも一番人気の高い商品オプション機能アプリの一つがInfiniteoptionsと呼ばれるものです。とはいえ様々な種類のアプリがあるので、使い勝手が良いものを選ぶことが求められます。