アマゾン・楽天のショッピングカートシステムのメリットとデメリット

アマゾン・楽天のメリットとデメリット

22084980 m

アマゾンや楽天などショッピングカートシステムは魅力がありますが、巨大なショッピングモールは必ずしもメリットばかりではないです。

基本的にショッピングモールはアクセスに期待できるものの、逆に考えればそれだけ競合しやすいといえるでしょう。当然ですが、商品にオリジナリティがなければ価格競争にさらされたり、数ある商品に埋もれてしまうことも考えられます。

アマゾンショッピングサイトのメリット

アマゾン・楽天のメリットと比較すると、前者のアマゾンは誰でも出店することができてハードルが低いのがメリットです。誰でもというのは文字通りで、法人もそうですが個人も出店しやすいショッピングモールです。出店数が楽天の3倍以上で、商品点数は1.5倍くらいですから、いかに巨大で魅力的な市場かということが分かります。ちなみに出店に要する日数は3営業日ほどで、必要書類の提出と審査に問題がなければスピーディーに出店にこぎつけます。

アマゾンは既にショッピングモールが存在していて、出店すればそこに入居する形ですから、お店を構築する手間がないです。商品ページも既存の商品であればページの作成が不要ですし、改めて誰でも簡単に出店や出品が行えるショッピングモールだといえます。

楽天ショッピングサイトのメリット

対する後者の楽天は、出店数や出品数がアマゾンほどではなく、そういう意味で競合が少ないのがメリットの1つです。しかし売上額はアマゾンを少し上回っていますし、何より会員数が1億人以上と圧倒的な数字を誇りますから、認知度の高さもあって強力な集客力に期待できます。楽天は関連するサービスが数多く、独自の楽天ポイントが使える点も大きな魅力となります。楽天カードは順調にユーザーを増やしていて2,000万人を超えていますから、今後もユーザー数の増加や集客力のアップに期待が持てるでしょう。

アマゾン・楽天ショッピングサイトのデメリット

アマゾン・楽天のデメリットは、アマゾンのショッピングモールとしての完成度が高く、お店が独自性を発揮できる部分が少ないのがデメリットです。アマゾンはいわば巨大な陳列棚で、お店はそこに商品を並べる形で出店するイメージです。

つまり、ショッピングモールのテナントとは少し毛色が違いますから、やはり独自性を活かした集客が難しいのはデメリットという他ないでしょう。お店の知名度やブランド力を有していても、それを全面に出して他店との差別化をしにくいのが難点です。

楽天も、楽天という巨大なショッピングモールに出店する形ですが、お店単位での出店なのである程度独自性を出すことができます。ただ肝心の出店のハードルが高く、特に出店料の高さがネックになりがちです。
成約における手数料はそれほど高くないですが、固定費が発生する上に負担になるのは間違いないです。広告費も発生しますし、キャンペーンの実施が多いことからそれに合わせた値引きもしなくてはいけないのが頭を悩ませます。

結局のところ、アマゾンはブランド力があっても独自色が薄まってしまうこと、楽天は出店に要するコストの高さがそれぞれのデメリットに挙げられます。

既存の商品ではなく、独自のオリジナル商品の販売が有利

アマゾンも楽天もオリジナル商品の販売が有利なのは確かで、巨大ショッピングモールらしい共通点だと思われます。

オリジナル商品というのは、他店が取り扱っていない独自の商品のことで、自分だけが販売できる強みを出せるのがポイントです。取り扱い販売する商品がオリジナルというだけで、他店との競争が起こらず価格競争に巻き込まれる心配もなくなります。

価格競争は他店が値引きをすると自分も下げざるを得ず、安さを競い合うようになると利益が減少してしまいます。常に価格変動に対してアンテナを張らなくてはいけませんし、変動が起これば速やかに判断して対応する必要があります。

オリジナル商品の販売が有利なのは特に、出店よりも出品の性格が強いアマゾンです。

アマゾンは既存の商品を販売するお店がひしめき合うショッピングモールなので、必然的に価格を安く出品できるお店に注目が集まります。その為、折角注目されて商品が売れても、利益が減ってしまうというジレンマが発生します。楽天も集客の意味では既存の商品ではなく、独自のオリジナル商品の販売が有利なのは確かです。
楽天は商品と共にお店も独自性を出せますから、他店との差別化できる部分が多いです。

アマゾンと楽天のショッピングカートシステムの特徴

4294579 m

アマゾンと楽天のショッピングカートシステムの特徴を改めて確認すると、アマゾンは出店という感覚が薄くて出店の印象が強いです。巨大な陳列棚に商品を置かせてもらってもらう、そんなショッピングモールとなっています。

楽天は出店してそこに出品する仕組みなので、誰もがイメージするショッピングモールといった感じです。検索すれば商品単位で複数の店舗を横断して行われますし、店名を含めて商品が結果に並びます。

自分に合うショッピングモールを選ぶ

カートや決済はお店単位ですから、カートに入れた複数店舗の商品をまとめて決済するアマゾンとは明らかに異なります。どちらが優れているとは一概にはいえませんが、このような違いがあることから、メリットとデメリットを天秤に掛けて自分に合うショッピングモールを選ぶことができます。