Flatsomeの使い方 単なるWordPressのテーマではない特長

Flatsomeは単なるWordPressのテーマではない

Flatsomeと他のWordPressテーマとの違いは何でしょうか

日本でよく見かけるWordPressのテーマは、必要採点減のレイアウトとCSSが組み込まれていてそのレイアウトに準じて作成すると容易にページを作成できる仕様になっています。特に、ニアメディアでお薦めするのはLightningです。このテーマで作成するとページの読み取り速度も速く、SEOにも適しています。企業や店舗のWEBサイトをなるべく費用をかけずに早く構築したい場合は、Flatsomeよりも適していると思います。

一方で、Flatsomeは単なるテーマではなく、Ux Builder編集ツールが付属していることです。レイアウト、CSS、アニメーションなどのHTMLコーディング知識を全く知らなくてもUx Builder編集ツールが行ってくれます。

マイクロソフトのパワーポイントを操作するような感覚でWEBサイトを構築できます。

flatsome gamen

FlatsomeはWooCommerce専用のテーマ

新型コロナウィルスの影響もあり、世界中で非接触サービスであるネットショッピングの需要が増しています。Amazonのような巨大ポータルショップは世界中に商品を発送できます。しかし、Amazonに出品できればよいのですが、Amazonで商品を販売して利益を出すためには、販売手数料(15から20%)、送料無料など多くのハードルがあります。

ネットショッピングは大きく分けて3種類あります。まず、1番目はAmazonや楽天市場のようなポータルネットショッピングサイトです。2番目はASP型ネットショップには、世界的に有名なShopify、日本のMakeshopとカラーミーショップ、無料で使えるBaseなどです。そして3番目が、スタンドアローンのネットショップです。主にCMSとよばれるシステムで動作するショッピングサイトで、主にWordPressが使用されます。WordPressのショッピングカートシステムとして最も多く利用されているのがWooCommerceです。

WordPressもWooCommerceも無料で利用できますが、構築するのが困難でした。そのため、設定方法を説明するブログや動画が多くアップされています。「困難でした」と書きましたが、実は2022年4月現在では、ASP型のショップと同様に設定は日本語になり設定は容易になりました。

しかし、設定だけでは商品一覧、ページのレイアウト等細かいレイアウトの修正にHTMLコーディングの知識が必要です。FlatsomeはWooCommerce専用のテーマですのでこのコーディングの問題をすべて解決してくれます。まるでパワーポイントを作成するような感覚でショップを作成できます。日本製のテーマではカバーできない機能です。

Flatsomeはコーポレートサイト(企業ページ)構築にも十分活用

WooCommerce専用のテーマでありながらコーポレートサイト(企業ページ)や店舗ページ構築にも十分活用できます。特にブログのレイアウトです。もちろんWordPressのブログ機能ですので、他のショッピングサイトでは実現できないSEO対策を最大限に活用できます。

flatsome3

 

固定ページはUx Builder編集ツールで自由にレイアウトできます。PC、タブレット、スマートフォンの冷雨後も同時に設定できます。

 

Pagespeed Insights問題

ページ表示スピードは訪問ユーザーにとって重要です。デザイン性を重視するサイトをよく見かけますが、どんなに見栄えが良くてもユーザーに訪問してもらえない、つまり見てもらえないのでしたら、意味がありません。

GooglenのPagespeed Insightsでご自身のサイトをチャックしてみてください。特にスマホでのとくてんはどうでしょうか。最低でも70艇以上は必要です。

多くのショッピングカートサイトはこのページ表示スピードはクリアしていません。また、WEB制作会社のほとんどはこの問題に触れません。

ページ表示速度が遅いと、ユーザーはページが開く前に離脱してしまいます。アクセスがあるのにページ滞在時間が局単位少なくなります。滞在時間が少ないということはコンテンツの内容が悪いと判断されます。デザインはもちろん大切ですが、ページ表示速度をクリアにできるデザインを心がける必要があります。

Flatsomeは、WP-ROCKETとImagifyと連携してページ表示スピードを最大限に対応できます。

smart

ElementorとFlatsome比較

WordPressの編集プラグインElementorはWordPressの公式テーマであれば、自由に編集でき、日本も含め世界中で大人気のプラグインです。Flatsomeと比べ、設定機能は多くアドオンも豊富です。

elementor trend

違いは、Elementorはプラグインで、Flatsomeはテーマだということです。推奨はしませんが、実際にはFlatsomeを使いながらElementorも同時に使うことができます。

比較する場合は、ElementorとFlatsomeに付属するUx Builderとの比較になります。WooCommerceを使用する場合、Ux Builderのほうがより早く構築できます。

 

Flatsomeが究極のeコマースツールである3つの理由

eコマースサイトに最適なWordPressテーマをお探しなら、Flatsomeをチェックする必要があります。この記事では、Flatsomeをeコマーステーマとして使用する際の特徴と利点について説明します。この記事の最後には、なぜFlatsomeがeコマースサイトのための究極のWordPressテーマなのかが分かるでしょう。 [...]

Flatsome eコマースのための究極のWordPressテーマ

eコマースサイトに最適なWordPressテーマをお探しなら、Flatsomeをチェックする必要があります。この記事では、Flatsomeをeコマーステーマとして使用する際の特徴と利点について説明します。この記事の最後には、なぜFlatsomeがeコマースサイトのための究極のWordPressテーマなのかが分かるでしょう。 [...]

Flatsomeの使い方 単なるWordPressのテーマではない特長

Flatsomeは単なるテーマではなく、Ux Builder編集ツールが付属していることです。レイアウト、CSS、アニメーションなどのHTMLコーディング知識を全く知らなくてもUx Builder編集ツールが行ってくれます。 [...]

Flatsome + Ux builder ver.3.15新機能シェイプ ディバイダー

シェイプ ディバイダー FLATSOMEのバージョン3.15からバナーの背景画像に使えるシェイプを制作することができる便利なツールです。簡単な操作でウェーブ、山、傾斜、曲線などを作成できます。スライダーやエフェクトも従来通り使用可能です。 [...]

PageSpeed Insightsで高得点を獲得してWEBサイトを改善する

PageSpeed InsightsとはGoogleが提供する計測ツールです。モバイルやPCページの実際のパフォーマンスを測定して改善方法を確認できます。特に名前の通り、WEBページ読み込み速度が得点方式で確認できます。 [...]

Flatsome + UX builderバナー

UX builderのバナーの一部を紹介 日本ではバナー作成というと画像とテキストを合体させて1つ画像を作成する方法をとる場合が」多いようですが、本来、バナーの画像は背景画像として使い、テキストやボタンを自由に配置できる [...] [...]

Flatsome + UX builder使い方 スライド画像サンプル

FlatsomeははEnvatoマーケットで購入できるテーマです。WordPressの有料テーマと言っても大分異なります。WEBサイトだけでなくWooCommerce対応のテーマです。さらに、UX builderと呼ばれ [...] [...]

FlatsomeとUX builder WordPressはもはやコーディング知識は不要

FlatsomeテーマとUX builder編集プラグイン WordPressバージョン5.0で導入されたブロックエディターはHTMLの知識のないユーザーには不人気ですが、最新バージョンでは操作感はより直感的になりました [...] [...]

当サイトではCookieを使用します。Cookieの使用に関する詳細は プライバシーポリシーをご覧ください。