WooCommerce ウーコマースの日本語対応と修正方法

Japanized for WooCommerceプラグイン

WooCommerce(ウーコマース)の日本語対応はプラグインJapanized for WooCommerceでかなり便利になりました。

敬称として使われる「様」の導入や日本特有の決済、代金引換、銀行振込などの対応でWooCommerceの人気はこの数年でかなり上昇しました。

 

WooCommerceの日本語対応1
一般設定

ここでは、よみがな、敬称、郵便番号入力のありなしを設定できます。
よみがなを必須にすると海外からのスパム注文をある程度防ぐことができます。
最近では、注文の自動返信文等は、「鈴木 一郎 様」(以前は一郎 様)のようにフルネームで表示できるようになりました。バージョンアップが急速に進んでいます。

WooCommerceの日本語対応2

支払い方法

日本には海外の通販サイトにはない特有の取引条件があります。代引きや銀行振り込みを設定できます。無料版のJapanized for WooCommerceでは代引き手数料の設定が一つだけしかできませんが、プロ版を購入すると売上金額に応じて複数の手数料を設定できます。ただしこれだけでのために購入するのはまだ早いかもしれません。

 

WooCommerceの日本語対応3

配送方法の設定

配達に要する日数や時間指定も日本の市場環境に合わせて設定でき、かつ日本語表示になっています。

WooCommerce日本語表記の修正方法

WooCommerceが提供する日本語は、poファイルで提供されています。以前はpoエディタで編集周する必要がありましたが、現在は、プラグインLoco Transltorで容易に編集できます。

一般設定

 

WooCommerceのテーマを使用している場合は、テーマのp翻訳を選択します。WooCoomerce本体の場合は、プラグインからWooCoomerceを選択して翻訳・修正を行います。

このように翻訳できない個所は、今ではほとんどなくなりました。「英語が多くで分かりにくい」というのは数年前の話です。

 

WooCommerceの日本語修正