WooCommerce(ウーコマース)のメリットとデメリット

WooCommerce(ウーコマース)はWordPressプラグインの1つ

WooCommerce

WordPressプラグインの1つで、ショッピングカートを実現する便利な存在です。

今最も世界で人気があるeコマースソリューションに位置づけられており、しかもオープンソースで開発されているのが特徴です。オープンソースということはつまり、常に開発が進められ更新が早い上に、セキュリティ面の心配もないことを意味します。テーマに対応することから自分好みのショッピングカートを実装できますし、業界やブランドに合わせてイメージを損ねない最適なものが選べます。

また、カスタマイズが容易ですし、短時間で手を加えられるのもポイントです。必要な機能が一通り揃っていてすぐに使えるのは勿論、WordPressを使うショッピングサイトのブログ機能によって、情報発信が行える点も見逃せないです。SEO対策も考えて設計されていますから、自慢のサイトを検索結果の上位に表示することも夢ではなくなります。

支払い方法の選択や配送オプションの設定、消費税の自動計算と痒いところに手が届く基本機能が満載です。それでいて学習の難易度が低く、短期間で実用的に使い始めることができます。

実店舗からオンライン販売に移行するのに活用された実績も少なくないので、そういうビジネスを検討している人にとっても狙い目です。

 

 

WooCommerceを使うメリットとは

WordPressのプラグインWooCommerceを使うメリットはサイトの構築が簡単に行えること、そして誰でも無料で使える点が挙げられます。また世界中にユーザーがいてシェアが大きいですから、情報が豊富でトラブルが発生しても解決のヒントを得やすいのが魅力です。テーマが充実で無料のものを含めると膨大ですし、有料のテーマはプロがデザインしているので完成度が高く洗練されています。

つまりWordPressを使えば誰もが簡単に、プロ顔負けのサイトを手に入れることができるわけです。一般的にはブログの印象が強いWordPressですが、プラグインのWooCommerceでショッピングサイトの構築や運用にも活用されています。ブログとの親和性が高いのは確かですから、ブログの性質を持つショッピングサイトを作ることも可能です。

また、実店舗がある場合は、店舗ページとオンラインショップ、さらにブログを一つのサイト内で統合できます。ASPサービスのショップやamazon、楽天ショップでは、あくまでも通販サイトページのみで、オフィシャルやブログは別のサイトで運用することになりますが、WordPressで動作するWooCommerceではあらゆる情報を一つのドメイン(URL)で運用できます。

 

デメリットは

無料でサポートは期待できないので、自分で情報を求めて学習したり、トラブルが発生したら対応する必要があります。しかし無料で使える魅力は大きく、初期費用を抑えたい人にとっては無視できないポイントになるでしょう。

SEOに強く集客に使える強みを併せ持ちますから、ショッピングサイトの構築にWordPressを検討する価値は十分にあるはずです。WordPressのデメリットは、PHPというプログラミング言語で構築されていることから、セキュリティ面に不安があることです。

これはユーザーに合わせて動的にページを生成するもので、脆弱性を突かれるとページが改ざんされるなどの恐れがあります。常に最新の状態を保つこと、脆弱性の情報に目を向けて速やかに対処するといった対応により、リスクを抑えること自体はできます。

とはいえ、WordPressは圧倒的なシェアのユーザー数によって、悪意あるハッカーの標的になりやすいのも事実です。

WordPressは標準でも見せられるサイトを構築できますが、洗練させたり自分好みにカスタマイズとなると高度な知識や技術が要求されます。場合によっては直接PHPに手を加えることになるので、PHPの知識も覚えて使いこなせるようになることが必要です。
当然ながらHTMLとCSSも知らなくてはいけないですから、覚えることが多くて未経験者には大変です。

※すべて無料のテーマやプラグインを使用する場合は、未経験者でも大変ですが、ニアメディアがお薦めするFlatsomeテーマとUx builderをEnvaマーケットで購入すとHTMLとCSSを覚える必要はありません。

 

総合的には

WordPressはこのように、メリットとデメリットを併せ持つ強力なツールで、使いこなせるかどうかはその人次第となります。基本を覚えてプラグインを導入するだけでも、ショッピングカートの機能を持つショッピングサイトを構築することはできます。機能はオフィシャルと混在可能ですし、複数のプラグインを組み合わせたり、外部ツールと共存するといったこともお手の物です。

WooCommerceは自力でショッピングカートを実装するよりもハードルが低く、多種多様な決済サービスを利用できるのが強みです。カスタマイズ性が高く便利なテンプレートが使えたり、WordPressのテーマや他のプラグインにも対応します。

サーバーを用意したり、ドメインやSSL証明書の取得や設定といった準備は必要ですが、それはWordPress本体も同様です。手軽さだけでいえば他にも選択肢はありますが、何といってもWordPressの強力なカスタマイズ、自由度の高さを活かせるのが凄いところです。

SEO対策に関しても競合に引けを取りませんから、競争力のあるショッピングサイトを構築して運用を始められます。運用中にデザインを変えたり、レイアウトを変更するのも自由ですから、評価と改善のサイクルによってより良い結果を求めることができます。

WooCommerceのことなら

WooCommerceが動作しない、プラグインが設定できないなどが原因であきらめてしまう方がいらっしゃいます、Wordpressはパソコンと同じで、古いバージョンのまま何年も使っていると動作しなくなることがあります。

ニアメディアでサポートできることでしたら、低料金でお見積もりいたします。

よくある質問 お問い合わせ お見積もり

関連情報