多言語ウェブサイトによるインバウンド客の最大化。円安市場での飲食店のメリット

円安相場を理解する

日本の外食産業に従事する者にとって、ここ数年、円安相場が問題になっています。その背景には、円安による日本へのインバウンドの客数減少があります。そのため、日本国内の飲食店では、国内客の消費を補うためにインバウンド客を増やす方法を模索しています。

多言語ウェブサイトのメリット

インバウンド客を増やすための最も効果的な方法の一つが、多言語Webサイトの構築です。このタイプのウェブサイトは、潜在顧客に対して、レストランのメニューやその他の情報に母国語でアクセスできるようにするものです。日本語が苦手な方でもメニューが理解しやすく、またホームページを見やすくすることができます。

また、お客様がレストランに問い合わせる際にも、翻訳業者に頼らず、母国語で問い合わせることができるため、迅速に問い合わせることができます。その結果、お客様が安心してレストランに問い合わせることができ、お客様の満足度を高めることができるのです。

25121746 m

また、多言語ウェブサイトを持つことは、レストランのオンラインプレゼンスを向上させることにもつながります。なぜなら、多言語のウェブサイトを持つことは、国内外でのレストランの知名度を向上させることにつながるからです。その結果、レストランをより簡単に発見できるようになり、インバウンドの顧客数を増加させることができるのです。

インバウンド集客のための効果的な戦略構築

多言語ウェブサイトを最大限に活用し、インバウンド客を増やすためには、効果的な戦略を立てることが重要です。そのためには、ターゲットに合わせたマーケティングやプロモーションを行うとともに、Webサイトのポテンシャルを最大限に活用することが必要です。

例えば、ターゲットが英語圏の場合、Webサイトにはメニューなどの英語コンテンツを多く掲載する必要があります。さらに、検索エンジンに最適化することで、Webサイトの視認性を高めることができます。さらに、ウェブサイトは定期的に更新し、新しい魅力的なコンテンツを掲載することで、検索エンジンの検索結果で上位に表示されやすくなります。その他のマーケティング活動としては、ソーシャルメディア、販促キャンペーンなどがあります。

24200823 m

多言語WEB制作のことなら

Wordpressの多言語プラグイン、Polylangを使って多言語サイトを容易に作成できます。例えば、英語のPCを使うと英語のサイトに、日本語のPCを使うと日本語サイトにアクセスできるようになります。インバウンド需要が高まる今、多言語サイトを構築してみませんか。

ニアメディアでサポートできることでしたら、低料金でお見積もりいたします。

よくある質問 お問い合わせ お見積もり

関連記事

当サイトではCookieを使用します。Cookieの使用に関する詳細は プライバシーポリシーをご覧ください。